×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

      
★ニキビ対策のクチコミを見る★

思春期にきびは思春期の象徴?

思春期にきびは、文字通り10代〜20代前半の思春期に多いと言われ、顔にちらばった形で出来やすく、
スキンケアや化粧品などの影響を大きく受けます。
思春期の象徴とも言われますがあまりうれしい象徴ではありませんね。
思春期にきびは成長ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌されることも原因になっています。
思春期にきびは、脂分の多い肌の人に出来やすく、春から夏にかけての季節は特に、
にきび発生のシーズン真っ盛り状態になります。

私達の皮膚の毛穴にはアクネ桿菌という菌が思春期に関係なく住んでいます。
思春期にきびが化膿する原因はたいていがこのアクネ菌や雑菌によるものです。
思春期にきびの予防としては、ビタミンB類をしっかりと摂ることが大切で、これで皮膚の
抵抗力を強めてニキビを予防してくれます。

思春期にきびを防ぐためには、バランスの良い食事を捕ることも必要ですが、サプリメントなどで
ビタミンなどを摂る方法もあります。
過度のストレスや疲労、不規則な生活、慢性の寝不足、生理不順などで内臓の機能も低下するので
思春期にきびが起こりやすい原因となるのです。

一番気にする顔に思春期にきびが出る。

思春期は顔が気になる時期なのに、その一番気にする顔に思春期にきびが一番多くでます。
顔が皮脂が出るからなんでしょう。
思春期にきびが出やすい場所は、顔では鼻・鼻の周辺・額、体は胸・背中の中心線沿いなどです。

思春期にきびは、皮脂腺の集中しているところに出来やすいことがわかります。
思春期にきびもでる場所によっては体調の変化がわかることがあります。顔に出来る思春期にきびで、
口の周りに出来るのは胃腸が弱っている場合が多いようです。
ですから思春期にきびが気になるのなら、偏食や暴飲暴食などを避けてまずは胃腸の調子を整えることが
先決です。

口の周りに思春期にきびが出来る原因の一つにビタミンB2やB6の不足や、過度のストレス・冷え性なども
あげられます。
それから額にできる思春期にきびは、髪の毛が触れる刺激によって起こることもあります。
シャンプーやリンス、ワックスなどの付着も、思春期にきびの大きな原因になるので注意しましょう。
背中にできる思春期にきびの大半は、汗のふき取りを忘れていることが原因だそうです。
心当たりはありませんか?

思春期にきびの予防には

思春期にきびの予防には、肌を清潔に保つことが重要になります。
洗顔は大切ですよ。夏は汗とともに皮脂の分泌が多くなりますが、反対に冬は皮脂の分泌も少なく、
皮膚の表面がカサつく季節です。

思春期にきびを作らないためには、季節に合わせた洗顔料を使うことも考えなければいけません。
思春期にきびに対策としてはだいたい保湿成分・油分を多く入れた弱酸性の洗顔料を使っている方が
大半と思われます。
弱酸性の洗顔料の特徴は、汚れ落ちが足りなく油分が多いため、ぬるぬるとした感じが残りものですから、
ついついすすぐ時間を長くしてしまいます。
思春期にきびには洗浄力も劣らない微アルカリ性のものを選んだ方が、どんな肌の人にでも使え
肌に優しい洗顔料です。
そして思春期にきびが気になるときはの洗顔は必ずぬるま湯で洗いましょう。
洗顔は朝・夜の1日2〜3回位でよく、洗顔の回数をむやみに増やすことはかえって皮脂の分泌を増加させ、
思春期にきびが出来やすくなってしまいます。

★ニキビ対策商品を見る★

Copyright © 2008 思春期にきびの予防の仕方。